これで安心!埋没法パーフェクトガイド

自然な二重をつくるプチ整形・埋没法を徹底調査!評判のクリニック教えます

埋没法で評判のクリニックはこちら

埋没法ってどんな施術?

埋没法ってどんな施術?二重手術の中でも“埋没法”は、手軽に受けられるプチ整形として有名です。
施術法を要約すると、メスを一切使わず、髪の毛よりも細い糸を埋め込む施術。皮膚と瞼板(まぶたの内側にある軟骨のような細長い組織)、または筋肉を結んで二重まぶたを作ります。
皮膚やまぶたの厚みによって異なりますが、糸を留める数(1点留~6点留など)が多いほど、安定した二重のラインが形成されます。

施術時間はクリニックによって異なり、短い所で10分程度。丁寧に作業を行うクリニックだと30分以上かかる所までさまざま。糸の留め方や処理の仕方、麻酔の方法など細かな違いがたくさんあるので、時間のかけ方もそれぞれです。

埋没法が向いているのはこんな人

埋没法は、まぶたに脂肪や皮膚の厚み、皮膚の余りがない「まぶたの薄い人」に適した施術法です。まぶたが厚い場合、糸に負担がかかりやすく、糸が緩む・切れるなど、二重がとれやすくなる原因になります。埋没法の手術は、以下の5項目に当てはまる方にオススメします。

  • まぶたの薄い人
  • 幅が狭めの自然な二重を望む人
  • 低料金で二重手術を受けたい人
  • 傷跡を残したくない人
  • 腫れ・痛み・内出血などを抑えたい人(長期間休めない人)

まぶたの脂肪が厚い人が埋没法を望む場合、まぶたに小さな穴を開け、脂肪を吸い出す「脱脂」という方法を併用するとスッキリした目元になり、埋没法が受けやすくなります。

ドクターの腕がカギを握る

埋没法は簡単な手術ですが、仕上がりに大きな差が出てしまう施術でもあります。理想の目になれるかどうかは、ドクターの技量が重要なカギを握ります。

自分好みの二重まぶたを作ってくれるクリニックを探し、手術方法についてもしっかり下調べをしてから足を運びましょう。

埋没法を受ける上での注意点

後悔しないためにも、注意すべき点はしっかりと押さえておきましょう。2つのポイントを紹介します。

クリニック選びは慎重に!

切開しない手術法といっても、埋没法はれっきとした美容整形手術の一つです。費用が安いというだけでクリニックを選ぶのは避けましょう。安いところで手術をして、結果に納得できずに他のクリニックで修正してしまっては余計な費用もかかります。自分の希望をしっかりと聞いてくれて、信頼できるクリニックを探すことが大切です。

気になったらまず相談!

自分のまぶたに最も合う手術法は、ドクターの診察を受けてみないとわからないものです。理想の二重まぶたを作りたい方、手術への不安や疑問がある方は、納得のいくまでドクターとカウンセリングを行いましょう。手術後に「自分が想像していたのと違う」「もう少し幅を狭くしてほしかった」と後悔してしまっては、せっかく高い費用を払って受けた手術が台無しです。

切開法との違い・埋没法のメリットは?

他の二重手術と埋没法は、どういった点が違うのでしょう。主な違いをまとめてみました。

  埋没法 切開法
方法 メスを使わない メスを使用
ダウンタイム 3日~1週間程度 1週間以上~1ヶ月程度
料金目安 両目で10万円以下 埋没法の倍以上
元に戻せる? 糸を取ってしまえば元の状態に戻したり、二重の幅を調節したりしやすい 切ってしまっているので、まったく元と同じような状態に戻すのは大変難しい
どんな目元になる? 自然でナチュラルな二重 よりハッキリくっきりした印象的な二重

一番大きな違いは、メスを使用しないことによる安全性。傷が小さくて済み、腫れや内出血も抑えることができます。ダウンタイムが短く、早くに腫れが収まるのもメリット。費用も低価格で済みます。費用においても、安全性においても圧倒的に負担が少ない方法と言えます。

埋没法の場合、気に入らない二重になっても糸を取ることで、二重の幅を調整したり、元の状態に戻したりできます。しかし、切開法はまぶたを一度切った状態なので、元の状態を再現するのは非常に難しいです。それ故のトラブルも多く起きているので、施術法は慎重に選ばなければなりません。

埋没法と切開法では、二重の外観も異なります。好みの違いにもよると思いますが、埋没法は「周りに気づかれない程度でナチュラルな二重にしたい」と思っている方にお勧めです。

埋没法の施術方法はさまざま

埋没法の施術方法はさまざま二重まぶたを作る重瞼(じゅうけん)手術には、埋没法の他にも、症状に応じて「部分切開法」「全切開法」「脱脂併用」「目頭切開法」「眼瞼下垂手術」などさまざま。
その中でも、埋没法は「プチ整形」とも言われている通り、切開をしない分、気軽に手術を受けられるのが強みです。

とはいえ、埋没法もクリニックやまぶたの状態によって施術方法が違ってきます。まずはカウンセリングを受けて、自分のまぶたがどういう状態で、どんな施術法が向いているのかを診察してもらうことが一番重要です。
高い技術力を持ち、信頼のおけるクリニックを探しましょう!

実際に埋没法を行った人の口コミを一部紹介

当サイトでは「満足&成功編」と「失敗編」の口コミをまとめたページを設けていますが、こちらでも実際に埋没法を行った人の口コミを少し紹介します。

全く腫れなかったのでとても嬉しかったです。時には、もどってしまうかもしれないと不安になってしまうこともありますが今すごく満足しています。もっと早くに出会えていたらと思うほどです。なんだか前向きになれました!(20代女性)

手術直後はどうなったのかとても不安でしたが、理想のラインになっていたのですごく嬉しかったです。手術前は本当に不安で、他の人からどう思われるのかなど色々気にしてしまいなかなか踏み切れなかったのですが、結果的には本当に良かったと思っています。もっと早くやれば良かったと思いました。(20代女性)

一週間ほど前に埋没法の手術を受けました。術後は鏡を見るのが嬉しくて、何度も自分の顔をチェックしちゃいました。手術前までは、アイプチを使って二重を作るのに時間がかかっていたのですが、これからは手間をかけずにお化粧が楽しめそうです。手術して良かったと思いました!

最も重要な事は、患者様がどのような幅や形(ライン)を希望しているかを的確に把握することです。解剖学的にも無理の無い、自然かつ希望に沿ったラインにするように術前のデザインに重点を置きます。 まず患者様の瞼の状態、目の形を確認し、希望のラインに沿って縫合点をマークします。 それにより左右が対称であるか、どのような二重のラインになるかを、術前にご自分でチェックすることができます。 片側が二重で片側が一重や奥二重であるといった場合などに、片目のみの施術も可能です。その場合は、片側の瞼を見ながら、施術を行う方の瞼にマークをしていきます。

出典:城本クリニック:埋没法

このように、埋没法は二重のデザインも仕上がりを大きく左右します。希望通りではない二重になってしまえば、どれだけ医師の技術が優れていたとしても納得のいく埋没法だったとは言えません。医師と仕上がりの理想を共有して埋没法を進める必要があります。

施術後の効果について

どれぐらい効果がもつの?

埋没法の効果として目安となる期間はありません。人によって違いがあり、10年以上そのまま二重が持続している人もいれば、2年ほどで取れてしまう人も。個人差が出やすいです。

突然取れてしまうケースもゼロではありませんが、ほとんどは幅が少しずつ狭くなってきてさらに二重が浅くなり、最終的に戻る…という仕組みです。ただボールがぶつかる、衝撃を強く受けると糸が切れ、突然元に戻ることもあるので気を付けてください。

とれやすい人ととれにくい人の違いは、元のまぶたの形や厚みですね。糸がとれてしまいやすい人は、まぶたが厚い、あるいは脂肪が多い、目がもともとくぼんでいる人です。

また、仕上がりに幅広の二重を希望した場合は、二重ラインがとれやすいとされています。

さらに生活習慣も影響します。花粉症などで目をこすってしまうことが多い、コンタクトを長く装用している、目元のエステを受けるなどです。

1つの原因というわけではなく、様々な原因が絡み合ってとれてしまいます。

とれにくい二重って?

効果を持続させたいという思いは誰もが同じです。そこで大事なのはカウンセリング。医師とちゃんと話し合い、どのようなデザインなら効果が持続しやすいのかを確認してみるといいでしょう。

医師はプロなので、まぶたの厚みや脂肪の量などから、どのような二重なら長持ちしやすいかを知っています。アドバイスをもらいながらデザインを決定し、満足できる手術を受けましょう。

術後の腫れを抑えたい…

埋没法の場合はあまり強い腫れは出にくく、出たとしても1週間ぐらいで改善するとされていますが、それでも全く腫れないとは言い切れません。できるだけ腫れないようにしたい…という時は自分で対策してみましょう。

腫れは冷やすことで引きやすくなります。ただし、あまり極端に冷やすのは好ましくないので、氷などで冷やしましょう。氷を直接使うのではなく、タオルなどで巻いて冷えすぎないように気を付けてくださいね。

反対に、温めると腫れが増してしまう恐れがあるので、運動をしすぎない、入浴をしすぎない、お酒は控えるなど…腫れが気になる間は日常生活も工夫をして過ごしましょう。

腫れにくくするためにできること

まぶたが腫れにくくするために、手術を受ける前から準備をしておきましょう。当日はまぶたのむくみがないように、しっかりと体調を整えます。ちゃんと栄養を取り、ちゃんと眠る…という基本が大切です。

免疫機能を高めておくこともおすすめです。免疫機能の低下で感染症になりやすいため、目元から雑菌が入り炎症する恐れもあります。数週間前から規則正しい生活を送るようにしてください。

このサイトでは、管理人が調査した二重をつくるプチ整形『埋没法』に関するさまざまな情報をまとめています。二重の手術を迷っている方、クリニック選びに困っている方にぜひご覧になっていただければ、と思います!
最新の情報に関しては、各クリニックの公式サイトをご確認くださいね。

理想の二重になれるのはココ!
埋没法で評判のクリニックを4院厳選しました>>

 

PAGETOP

これで安心!埋没法パーフェクトガイド