おすすめの二重術・埋没法のクリニック徹底ガイド » 埋没法以外の重瞼(じゅうけん)手術

埋没法以外の重瞼(じゅうけん)手術

二重手術には様々な種類があります。その中で最も手軽で多くの方から選ばれているのが埋没法なのですが、まぶたが厚くて埋没法が選択できなかったり、埋没法では作るのが難しい二重のラインを望んでいる方などは埋没法以外の重瞼手術についても検討してみましょう。

そもそも重瞼手術とは

重瞼手術とは、まぶたを二重にするための手術として用いられています。二重といっても、様々な形があります。主に2つに分けられており、末広がり型といわれている、目頭は二重のラインが狭く、その後目じりに向かって広がるタイプが1つ。そしてもう1つは平行型と呼ばれている、目頭から目じりまで平行に二重となるタイプです。手術ではどちらを希望するか選ぶことができるので、まさに自分が理想とする二重を作ることができます。

重瞼手術の仕組み

重瞼手術には一般的に3つのアプローチがあるとされています。

  • 埋没法
    眼瞼に糸を埋め込むことで、筋肉と同じような役割をさせて、たるんでしまった皮膚を引っ張り上げます。メリットは手術の時間が短くて、術後に必ず発生する目元が腫れる期間もとても短いところです。仕事を長期で休むことができないとか、アフターケアは少しでも短くしたい、という人にはメリットとなるでしょう。ただし、固定力がそれほど強くないので、人によって、もしくは医師の技術によってはすぐに元に戻ってしまう可能性もゼロではありません。特に、まぶたの皮膚が多い、眼瞼に脂肪が多い人は元に戻りやすいといえるでしょう。
  • 切開法
    皮膚を切開してから、目の筋肉である眼輪筋を切除、奥にある瞼板と呼ばれている軟骨に皮膚を張り付けます。切開してしまうので元に戻る心配がなく、よりはっきりとした二重を目指すことができます。効果を継続できるといったメリットがありますが、デメリットとしては手術時間が長くなることです。また切開している分、目元の腫れも大きくて改善するまでには時間がかかります。
  • 部分切開法
    切開する方法ではありますが、全切開では傷が目立ってしまいダウンタイムも長くなることから、最大でも5mm程度の切開をして、そこから脂肪を取り除いて固定する方法となっています。狭く切開した部分から脂肪を取り除くので、その量には限界があります。

この3つのうち、どちらを適用するかはクリニックや医師によっても異なります。そもそも二重を作るために、まぶたの裏と表の皮膚を連結させなくてはいけません。

切開法では切開することによってできる瘢痕組織がまぶたの裏と皮膚を連結させます。 いっぽう、埋没法という手術は髪の毛のように細い糸をまぶたの裏側と表側の間に埋めて連結をつくる手術です。皮膚の表面に近い所に糸を通します。糸を埋めた後は、目を開けてまぶたの裏側が上に向かって移動すると、埋没された糸も上の方に引っ張られます。そして、糸が皮膚を引っ張ります。そうすると、糸の埋まっているところの皮膚が引っ張られて食い込み、折りたたまれます。

出典:『重瞼術~第1章 : 重瞼術の仕組み 』美容整形・美容外科ならヴェリテクリニック
https://www.veriteclinic.or.jp/takumi_fukuta/6310

このように切開するか埋没するかによっても仕組みは異なるため、まぶたの形状などに合わせてどちらの方法がいいかを選択しましょう。

治療を受けることの効果って?

治療を受けることによって、まずは二重になるといった効果があります。腫れぼったくて目が開けづらかった、まぶたが重いと感じていた、というような悩みは解決できます。また、見た目としてはより華やかで明るい印象になるといった効果もありますね。眼瞼下垂は機能の問題で手術を受けたいと希望する人もいますが、不自由さだけではなく見た目を何とかしたい、と考えて手術を希望する人もとても多くなっています。やはりすっきりとしたはっきりとした目元が理想とする人が多いからではないでしょうか。

その場合には、やはり二重をはっきりと作ってくれる、重瞼手術が好まれます。眼瞼下垂とともに見た目の改善もしたい、目をぱっちりとさせたい、というときにおすすめの手術法です。

埋没法以外の重瞼(じゅうけん)手術

部分切開法

その名の通り部分的にメスを使って切開を行い、縫合して二重のラインを作る方法です。埋没法を試してみたものの、糸が取れてしまう方などからも選択されています。

全切開法に比べてダウンタイムが短くて済むので、仕事や学校でなかなか連休を取ることができないものの、二重手術をしたことがバレにくい方法を選択したいと思っている方にもおすすめです。全切開法の場合は長い手術時間が必要ですが、切開法の場合は20~30分程度で完了します。埋没法とは違い、切開を行って二重を作るため二重のラインが戻るような心配もありません。 メスを入れる手術法ではありますが、ほとんど二重のシワと同化するので傷跡は目立ちにくいです。

全切開法

完全切開法とも呼ばれます。眼瞼下垂気味の方や皮膚がたるんでいる方の場合、部分切開法や埋没法ではうまく二重のラインが作れません。そういったときに向いている方法です。

メスを使って切開をしたらまぶたのたるみを取り除き、縫い合わせる手術となります。どのラインにメスを入れるかによって二重のラインも変わってくるので、医師の腕によって仕上がりは大きく左右されるといえるでしょう。 埋没法に比べると費用が高く、後ほどご紹介する部分切開法と脱脂併用による手術よりも高い費用がかかります。場合によっては全切開法に加えて脱脂を行うこともあるため、どのような手術を行えば理想的な二重のラインが手に入るか医師によく相談してみましょう。

脱脂併用

部分切開法と組み合わせて行われることが多い施術です。まぶたが厚くて埋没法が選択できなかった場合に取られることもあります。 部分的にまぶたを3~4mm程度切開して、そこから見える眼輪筋と呼ばれるものを開き、まぶたが厚くなっている大きな原因でもある眼窩脂肪を取り除いてから二重のラインを整えて縫合する方法です。 切開の幅は非常に小さいので、傷口が目立つと困る…と思っている方でも安心できるでしょう。

これだけでうまく二重のラインが作れなかった場合には埋没法や目頭切開法を併用することもあります。 まぶたが厚い人でもキレイな二重ができるのが魅力ではありますが、腫れはかなり強く出るので、何日か外出は控えた方が良いでしょう。

目頭切開法

二重には大きく分けて末広型と平行型と呼ばれるものがあります。このうち、日本人は末広型の方が圧倒的に多いのですが、目のラインと平行に二重を作りたいと思った場合、目頭切開法がおすすめです。 末広型に比べると目がパッチリして見えるのが特徴で、この方法は埋没法では実現できません。目頭部分にある瞼を引っ張る働きを持った蒙古襞と呼ばれる部分を切開することによりまぶたが引っ張られる力が弱まって平行二重ができます。

それほど蒙古襞が強くない場合、メスを使うことなく平行型二重形成を行う目頭形成と呼ばれる方法が選択できることもあるので相談してみましょう。

眼瞼下垂手術

まぶたを開く際には「眼瞼挙筋」という筋肉が関わっているのですが、この筋肉がうまく働かないと目がしっかりと開かない状態になります。無理やり目を開こうとすると疲れがたまって頭痛や肩こりにつながったり、見た目の問題だけでなく様々なトラブルにつながることも…。

そこで取り入れられるのが眼瞼下垂手術です。上瞼の皮膚を切開し、目が開くように縫い付けるなどの施術が行われます。治療をする中で同時に二重を作ることもできるので、瞳の印象をガラリと変えられるでしょう。

埋没法以外の重瞼(じゅうけん)手術

部分切開法

対象となるまぶたが単一のものではなく、様々な構造のまぶたが存在し、希望される二重にも色々なため、場合によっては部分切開法などが用いられています。

出典:美容外科の手術_日本美容外科学会
http://www.jsaps.com/surgery/eyelid.html

となっており、部分切開法は全切開をする必要はない状態のまぶたに使われることもあります。全切開との違いは基本的に切開する範囲の違いですね。全切開をするよりもダウンタイムが短いという点で優れているとされる手術法です。

全切開法

皮膚を切開し、眼輪筋といわれる筋肉の一部を切除し(切除しても眼瞼には支障はありません)、眼瞼の深くにある瞼板といわれる軟骨と、皮膚を糸ではりつけてしまうやり方で、切開法という方法です。

出典:重瞼術_一般社団法人 日本形成外科学会
http://www.jsprs.or.jp/member/disease/aesthetic_surgery/aesthetic_surgery_01.html

とあるように、皮膚の切開を伴う治療法です。部分切開法よりも大きく切開することになるため、完全切開法とも呼ばれています。

適用される人は、部分切開や埋没法では二重のラインがうまく作れない人です。皮膚がたるんでいる人や眼瞼下垂気味の人には最適な治療法といえます。

まずメスを使い、皮膚を切開していきます。そしてたるんでいる部分は切り取り、縫い合わせる方法です。切開した部分から挙筋筋膜と呼ばれる固定し、皮膚と縫い合わせていきます。縫い合わせた部分が二重のラインとなっていくという仕組みです。それほど複雑な仕組みではなく、切開している分はっきりと二重のラインが出る手術といえるでしょう。

全切開法で手術をする場合、余計な脂肪が多ければ脱脂を行うこともあります。

脱脂併用

厚いまぶたをお持ちの方の場合、普通にはあまり発達しないとされている眼輪筋と眼窩隔膜との間にある脂肪層が発達している場合があります。二重の手術に際して、稀にこの層の脂肪除去が検討されます。厚い"まぶた"に対する二重の手術で、必要があって除去される脂肪は、眼窩隔壁内の眼窩脂肪で必要に応じその一部分を切除することを指しています。脂肪の除去に際しては、切除する量や部位などに注意する必要があります。

出典:美容外科の手術_日本美容外科学会
http://www.jsaps.com/surgery/eyelid.html

となっています。切開法と組み合わせて使われている方法ですね。まぶたが厚くなっている原因である脂肪を取り除くので、すっきりとした目元を手に入れることができます。また、まぶたが厚いことでキレイな二重ができなかった人でも、脂肪を取り除くと二重にもなりやすいです。

目頭切開法

目頭切開を加えて目を大きくみせたり、余分な皮膚のたるみも取って若返えることも、二重の手術と同時に行うことができます。

出典:一般社団法人 日本形成外科学会
http://www.jsprs.or.jp/member/disease/aesthetic_surgery/aesthetic_surgery_01.html

とあるように、重瞼手術を受けるにあたり、より二重を希望通りのラインにするために目頭切開を行うこともあります。二重には2種類あり、平行型と末広型に分けられます。日本人は平行型の人が多いのですが、平行型を希望する場合であれば目頭切開が有効といえるでしょう。末広型よりも平行型のほうが目がパッチリとしますが、埋没法では作ることができない二重のラインです。そのため、切開法で手術を行う必要があります。

目頭にある蒙古襞という部分を切開することで、まぶたを引っ張る力が弱くなって平行型の二重になる、という仕組みです。

眼瞼下垂手術

眼瞼下垂があれば、二重の手術よりも病気である眼瞼下垂の手術が優先することは言うまでもありません。二重の手術はあくまでも健康で正常なまぶたに対する手術ですが、多少重いと感じられる開瞼幅を改善し、目を少し大きいアーモンド型にする手術が追加されることがございます。

出典:美容外科の手術_日本美容外科学会
http://www.jsaps.com/surgery/eyelid.html

とあるように、眼瞼下垂がある場合は、まず眼瞼下垂を治療するところから開始となります。目が正常に機能する状態にする、というとわかりやすいでしょうか。

まぶたを開くためには眼瞼挙筋と呼ばれる筋肉が大きく関係しています。筋肉がうまく機能しないと目が開きづらくなりますし、視界が悪くなって無理に開こうとすると肩こりや頭痛の原因にもなります。

眼瞼下垂手術は、上の瞼を切開して目を開きやすくする手術です。治療をしながら同時に二重を作ることができます。

 

PAGETOP

これで安心!埋没法パーフェクトガイド