おすすめの二重術・埋没法のクリニック徹底ガイド » 埋没法以外の重瞼(じゅうけん)手術

埋没法以外の重瞼(じゅうけん)手術

二重手術には様々な種類があります。その中で最も手軽で多くの方から選ばれているのが埋没法なのですが、まぶたが厚くて埋没法が選択できなかったり、埋没法では作るのが難しい二重のラインを望んでいる方などは埋没法以外の重瞼手術についても検討してみましょう。 具体的には次のようなものがあります。

埋没法以外の重瞼(じゅうけん)手術

部分切開法

その名の通り部分的にメスを使って切開を行い、縫合して二重のラインを作る方法です。埋没法を試してみたものの、糸が取れてしまう方などからも選択されています。

全切開法に比べてダウンタイムが短くて済むので、仕事や学校でなかなか連休を取ることができないものの、二重手術をしたことがバレにくい方法を選択したいと思っている方にもおすすめです。全切開法の場合は長い手術時間が必要ですが、切開法の場合は20~30分程度で完了します。埋没法とは違い、切開を行って二重を作るため二重のラインが戻るような心配もありません。 メスを入れる手術法ではありますが、ほとんど二重のシワと同化するので傷跡は目立ちにくいです。

全切開法

完全切開法とも呼ばれます。眼瞼下垂気味の方や皮膚がたるんでいる方の場合、部分切開法や埋没法ではうまく二重のラインが作れません。そういったときに向いている方法です。

メスを使って切開をしたらまぶたのたるみを取り除き、縫い合わせる手術となります。どのラインにメスを入れるかによって二重のラインも変わってくるので、医師の腕によって仕上がりは大きく左右されるといえるでしょう。 埋没法に比べると費用が高く、後ほどご紹介する部分切開法と脱脂併用による手術よりも高い費用がかかります。場合によっては全切開法に加えて脱脂を行うこともあるため、どのような手術を行えば理想的な二重のラインが手に入るか医師によく相談してみましょう。

脱脂併用

部分切開法と組み合わせて行われることが多い施術です。まぶたが厚くて埋没法が選択できなかった場合に取られることもあります。 部分的にまぶたを3~4mm程度切開して、そこから見える眼輪筋と呼ばれるものを開き、まぶたが厚くなっている大きな原因でもある眼窩脂肪を取り除いてから二重のラインを整えて縫合する方法です。 切開の幅は非常に小さいので、傷口が目立つと困る…と思っている方でも安心できるでしょう。

これだけでうまく二重のラインが作れなかった場合には埋没法や目頭切開法を併用することもあります。 まぶたが厚い人でもキレイな二重ができるのが魅力ではありますが、腫れはかなり強く出るので、何日か外出は控えた方が良いでしょう。

目頭切開法

二重には大きく分けて末広型と平行型と呼ばれるものがあります。このうち、日本人は末広型の方が圧倒的に多いのですが、目のラインと平行に二重を作りたいと思った場合、目頭切開法がおすすめです。 末広型に比べると目がパッチリして見えるのが特徴で、この方法は埋没法では実現できません。目頭部分にある瞼を引っ張る働きを持った蒙古襞と呼ばれる部分を切開することによりまぶたが引っ張られる力が弱まって平行二重ができます。

それほど蒙古襞が強くない場合、メスを使うことなく平行型二重形成を行う目頭形成と呼ばれる方法が選択できることもあるので相談してみましょう。

眼瞼下垂手術

まぶたを開く際には「眼瞼挙筋」という筋肉が関わっているのですが、この筋肉がうまく働かないと目がしっかりと開かない状態になります。無理やり目を開こうとすると疲れがたまって頭痛や肩こりにつながったり、見た目の問題だけでなく様々なトラブルにつながることも…。

そこで取り入れられるのが眼瞼下垂手術です。上瞼の皮膚を切開し、目が開くように縫い付けるなどの施術が行われます。治療をする中で同時に二重を作ることもできるので、瞳の印象をガラリと変えられるでしょう。

 

PAGETOP

これで安心!埋没法パーフェクトガイド