埋没法の施術方法に関して

メスを使わずに二重が作れる方法として非常に人気の高い埋没法の施術方法についてご紹介します。

埋没法の基本

埋没法とはまぶたに細い糸を埋め込み、筋肉と皮膚を連結する方法です。目を開ける際にはまぶたの筋肉が動きますが、この働きにより糸で固定されていた皮膚が引っ張られ、二重ができ上がります。

まぶたを閉じると糸を留めているのが見えるのでは?と不安に思うかもしれませんが、でき上がりのキレイさはクリニックによって異なるのでクリニック選びに力を入れてみてくださいね。

この仕組みは同じなのですが、糸を何点で留めるかによって特徴が異なるのでそれぞれのメリット・デメリットについてチェックしてみましょう。

2点留め

まぶたを2ヶ所糸で留めることによって二重を作る方法です。埋没法の中でも最もスタンダードな方法だといえるでしょう。

メリット

留める位置が少なくて済むので腫れが少ないです。埋没法で二重を作ったもののかなり腫れてしまった…という場合は2点留めではなく、3点留めや4点留めである可能性が高いですね。周りに内緒でプチ整形をしたいと思っている方は腫れの少ないこちらから検討してみましょう。

デメリット

留める数が少ないこともあり、まぶたが厚かったり脂肪が多い場合にはうまく二重ができないケースがあります。自分のまぶたの状態で2点留めが選択できるかどうかは医師に直接確認してみましょう。

3点留め

まぶたを3ヶ所糸で留めることによって二重を作る方法です。2点留めではまぶたが厚くて対応できなかった方や、より長持ちさせたい方から選ばれています。

メリット

2点留めに比べるとしっかりとした印象の二重を作ることができます。まぶたが厚い方は2点留めだとすぐに取れてしまうこともありますが、そういった心配も少なくなるでしょう。

デメリット

2点留めよりもまぶたが腫れやすいのがデメリットです。また、費用についても2点留めよりも高くなります。

4点留め

まぶたを4ヶ所糸で留めることによって二重を作る方法です。留める位置がかなり多くなるため、必要な技術力も高くなります。クリニック選びは慎重に行いましょう。

5点留めもありますが、あまり留めるポイントが多くなりすぎると二重のラインがガタガタになることもあるため、一般的には2点留め~4点留めの中で検討することが多いです。

メリット

まぶたが厚い方や脂肪の多い方でも埋没法で二重を作りやすい留め方です。3点留めでは理想のラインが作れなかった方からも選択されることがあります。

デメリット

糸を留めるポイントが多くなるので、担当してくれる医師の技術力が不足していた場合には理想的なラインが作れない可能性があります。

ループ法による埋没法

従来の埋没法のようにピンポイントで糸を固定するのではなく、まぶたにループ状に糸を埋没させることにより二重を作る方法です。点で留める方法だと目を閉じた際に糸を結んだ部分が浮き出て目立ってしまうこともありますが、ループ法の場合は目を閉じた状態でも非常に自然なのが魅力です。

こちらの方法も従来の点で留める方法と同じように数ヶ所行うこともできます。

埋没法で作ったラインが取れることもある

ご紹介したように、埋没法による二重は何点かで糸を留めたり、ループさせた糸を留めることにより作ります。ですが、まぶたは毎日頻繁に動かすものなので、まばたきを繰り返すだけでも徐々に糸が緩んでくるのです。

糸が取れたとしても埋没法によって癖がつき、そのまま二重になる方もいますが、元の一重に戻る方もいます。糸が緩んでくると日によって二重のラインが変わったり、二重の幅が狭くなるなどの前兆があるため、このような状態になったら一度クリニックで相談をしてみましょう。

 

PAGETOP

これで安心!埋没法パーフェクトガイド