埋没法後合併症のリスク

埋没法を検討している方の中には術後の合併症やトラブル・リスクについて不安に感じている方もいるのではないでしょうか。ここでは考えられる合併症とそれを回避するための対策についてご紹介します。

埋没法後合併症とは

埋没法ではまぶたを小さく留めることになりますが、小さいといえども体を傷つけることになります。そのため、合併症が発生してしまう可能性もゼロではないのです。

具体的にはどのような合併症が考えられるのでしょうか。

特に代表的な合併症として挙げられるのが内出血です。これは多くの施術で確認されています。発生頻度としては10人に1人くらいだと思っていいでしょう。

内出血が発生する大きな理由は施術の際に血管を傷付けたことにあります。しかし、細い針を使ったとしても100%防ぐのは難しいので、埋没法を検討している方は内出血が起きる可能性については十分に理解しておかなければなりません。

内出血が改善するまでには1~2週間ほどかかりますが、施術から2、3日経って少し状態が落ち着けばメイクなので隠すことができます。

また、施術に使う糸の細菌感染などが原因で腫れや痛みが出ることもあるようです。他にも合併症とは少し違いますが糸が表面に露出してしまったり、糸が角膜を刺激することによって目がゴロゴロする、充血するなどの症状が出ることもあります。

合併症が疑われる場合は?

合併症の中で特に多いのは内出血の問題ですが、こちらは一時的に状態が悪化することはあるものの2週間ほどたてばほとんど気にならなくなります。しかし、状態が全く良くならず、悪化している場合は一度クリニックで確認してもらった方が良いでしょう。

また、糸が飛び出したなどの症状があればすぐに相談に行くべきです。他にも痛みやかゆみがある場合は合併症を引き起こしている可能性もあるため、クリニックに相談してみてくださいね。

クリニックでは抗生物質を投与するなどの方法で対策を取ってくれます。放置すると悪化する可能性もあるので注意したいですね。

合併症のリスクを避けるには?

合併症の中には名医が行ったとしても100%防げるとはいえないものもあります。そういったものについてはしっかりと説明してくれるクリニックを選びましょう。

また、衛生管理が甘いクリニックなどを選択した場合は細菌感染の恐れも高くなるため、できるだけ信頼できるところを選ぶことが大切です。口コミなどの情報をチェックし、あまりにも合併症の報告が多いところは避けておいたほうが安心できるでしょう。

血管を傷つけたことが原因で内出血が発生するわけなので、傷つけないようにできる限り丁寧に施術をしてくれる評判の良いクリニック選びをすることが大切です。

また、埋没法の合併症として特に報告数が多いのは内出血なのですが、内出血は施術中に緊張して思い切り目をつぶった場合などにも発生しやすくなります。

他にも術後3日間の間はちょっとしたことでもまぶたの内出血につながる可能性があるので長風呂をしない、お酒を飲み過ぎない、激しい運動をしないなど自分でも対策を心がけなければなりません。

まともなクリニックであれば合併症の可能性やリスク、副作用などについてもしっかりと説明をしてくれるのでそれに納得したうえで施術を受けるようにしましょう。

また、副作用と思われるものが発生した場合にはどのように対応すれば良いのかも施術前に確認しておいたほうが安心できます。

 

PAGETOP

これで安心!埋没法パーフェクトガイド