施術前後はマツエク禁止?

女性の中にはマツエクをする方が増えてきました。ここで気になるのが埋没法との関係性についてです。施術前後のマツエクについてなど、注意点に関してまとめました。

施術前のマツエク

現在マツエクをしているけれど、このままの状態で埋没法の二重整形はできる?という疑問を抱えている方もいるはず。これは結論から言ってしまうとおすすめできません。 というのも、埋没法はとても繊細な施術になるため、フサフサのまつ毛があると邪魔になってしまう可能性があるからです。

実際にマツエクの施術中に、抜けたエクステが目に入ってしまい、痛い思いをされた方もいるかもしれません。もちろん、二重整形の術中にエクステが抜けて目に入ってしまうリスクもあります。 このようにさまざまな理由から埋没法の施術前にマツエクをするのは避けておいた方が良いでしょう。

ただ、すでにマツエクしてしまった!ということであれば無理に取る必要はありません。このあたりはクリニックによって判断が違うので、そのままでも施術ができるかどうか確認してみてくださいね。あまりにもマツエクの量が多い場合は断られることもあるかもしれませんが、しばらく時間が経ったマツエクで状態が落ち着いているのであれば、そのままで可としているところが多いです。

施術がNGと判断された場合にはエクステを付けてもらったサロンでオフしてもらいましょう。オフする場合、埋没法施術の前日などに取るのではなく、何日か前にオフしておいた方が良いですね。 自分でオフする方法もありますが、失敗して目のトラブルに繋がっている方も多く、おすすめはできません。特に埋没法の施術の数日前に自分でオフする場合、失敗してまぶたや目にトラブルが発生すると埋没法の施術自体が受けられなくなる可能性もあります。

施術後のマツエク

いつからならいい?

施術前のマツエクについてはおすすめできないとご紹介しました。では、施術後ならば良いのか?というと、2週間以上空けてから行った方が安心です。 できることならば1ヶ月以上空けてから行いましょう。 埋没法は短時間で終わる二重施術ではありますが、まぶたに全く負担がかかっていないわけではありません。 埋没法の施術後すぐにマツエクを行ってまぶたに負担をかけた場合、思わぬトラブルに繋がってしまうかもしれませんよね。

もちろん、どれくらいで状態が落ち着くかは人によって違うので、施術後1ヶ月経っても腫れていたり違和感がある場合はさらに期間をおいてからマツエクを行った方が安心できます。

埋没法の施術後にマツエクを行うと、二重が取れやすくなる?!

また、埋没法の施術後にマツエクを行うと、二重が取れやすくなると聞いたことがある方もいるかもしれません。これは本当なのでしょうか。 実際は人によって違います。というのも、マツエクをした後は何となくまぶたに違和感がありますよね。これにより、気になって頻繁に触ってしまう方がいます。

自分で無意識のうちに行っている行動がまぶたを刺激し、二重が取れやすくなってしまうこともあるので注意しなければなりません。 それから、マツエクに加えてマスカラを使う方の場合、メイクを落とすのに時間がかかります。さっとオイルクレンジングできれば楽なのですがマツエクはNGなのでメイクを落とす際に時間がかかり、まぶたにも負担をかけることになります。

このようにさまざまな理由で施術前後のマツエクはおすすめできません。 二重施術を行うと目が大きくなるため、さらに上を求めてマツエクを検討する方が多いです。ですが、目が大きくなればマツエクをしなくてもマスカラをつけるだけで十分目力はアップします。 施術後はまぶたがデリケートな状態になっているので、負担をかけるマツエクは避けておいた方がトラブルを防げるでしょう。

 

PAGETOP

これで安心!埋没法パーフェクトガイド