痛みや腫れについて知りたい

ここでは、二重をつくるプチ整形「埋没法」の手術時の痛みや腫れはどの程度か、ダウンタイムはどの位か等の疑問に対し詳しく解説します。

埋没法の痛みや腫れはどの程度?

埋没法は、二重をつくる手術の中でも、腫れない、痛みが少ない手術として人気があります。でも、実際のところはどうなのでしょうか?

切開法と違ってメスを使わず、患者さんへの負担が少ない埋没法ですが、針と糸を使用して縫い留めるため、やはり麻酔は必要不可欠。多くの場合、点眼麻酔+局所麻酔が投与されますが、麻酔が効いている間、施術の痛みを感じることは、ほぼありません。

まぶたの裏と表に局所麻酔の注射をする時に痛みを感じる方もいますが、チクッとする程度と感じたり、痛くても我慢できる程度、という方がほとんど。最近では、極細タイプの注射針が開発されているので、随分痛みも緩和されていると聞きます。それでもやはり、注射の痛みを心配される方には、笑気麻酔や麻酔クリームを塗って痛みを予防することもできますので、担当の医師に相談してみると良いでしょう。

腫れに関しては、「絶対に腫れない」と言い切れないのが正直なところで、少なからず皮膚や組織に傷を付けているので、何らかの影響が出る可能性が大きいと言えます。ですが、使用する麻酔の量、術中のまぶたの扱い方、糸を張るテンション等によって、術後の腫れ方にかなりの差が出てくるので、ドクターの腕の良さ次第で、ほとんど腫れを目立たせないことも可能になります。

痛みや腫れの少ない施術を受けたいのであれば、経験値の高い実力のある医師のいるクリニックを探すことをオススメします。

埋没法のダウンタイムについて

埋没法の施術は、傷が小さいため、他の二重術と比べて、比較的ダウンタイムが短い傾向にあります。施術法の違いにもよりますが、多くは、2~3日後には腫れが目立たなくなり、1週間後にはかなりラインが落ち着いてきます。一定の割合で、内出血が起こる可能性もありますが、これも、約1週間、ひどくても2週間程度でほぼ収まるでしょう。

これらの状態が完全に安定するまでには1ヶ月をみた方が良いと思われますが、腕の良い医師の施術であれば、傷跡も小さく腫れも内出血も少ないので、1週間で、他人から見てほとんど違和感の無い状態になるでしょう。

術後トラブルのリスクとその予防・対処法

埋没法の手術後に起きやすい合併症や術後トラブルとして挙げられるのが、内出血や、糸の露出による角膜刺激などで傷がついて目がゴロゴロしたり充血する症状、創部の感染などです。また、挙筋法による眼瞼下垂の症状も報告されています。

これらのトラブルのほとんどは、施術の仕方が悪かったことが原因であり、糸の始末をきちんと行うなど丁寧な手術を行えば防げるもの。つまりは、腕の良いドクターであれば、トラブルが起こる可能性もかなり少ないのです。ドクターの実績や施術の方法などをきちんと調べ、納得してから手術に臨めば、大きなトラブルは避けられるでしょう。

ただし、患者さんが自分で気を付けなければならないのは、クリニックからの言いつけをきちんと守ることと、目を清潔にしておくこと。また、目をごしごしと強く擦ったりすると、糸が外れてしまうこともあるので、気を付けるようにしましょう。

 

PAGETOP

これで安心!埋没法パーフェクトガイド