埋没法をおすすめの人とは?

二重を作る方法として大きく分けると埋没法のほかに切開法があるのですが、このうち埋没法に向いているのはどういった方なのでしょうか。

どんな人が埋没法での二重作りに向いている?

まぶたのタイプによって埋没法が向いているのかいないのかが判断できます。

まぶたが薄い人

大きなポイントになってくるのがまぶたの厚さに関することです。まぶたが厚い方の場合、埋没法ではうまく二重が作れない可能性があります。

埋没法は二重整形の中でも特に手軽な方法として人気がありますが、メスは使いません。糸を使って二重のラインを作る方法ということもあり、まぶたが厚いとうまく糸が留められなかったり、すぐに取れてしまうこともあるのです。

そのため、一般の方に比べてまぶたが厚い場合は切開法も検討しなければならないでしょう。ただ、どれくらいのまぶたの厚さならば埋没法で二重ができるか?というのは医師の技術力や判断によっても変わってきます。

自分では埋没法では対応できないくらいまぶたが厚いから切開法を検討しなければならない…と思っている方もいるかもしれませんが、実際に相談に行ってみると埋没法で対応できると言われる可能性もあるでしょう。

まぶたの脂肪が厚い場合、埋没法ではうまく二重のラインが作れない可能性があります。そのため、まぶたがあまり腫れぼったくない人に向いている二重整形の方法だといえます。

どうしても切開法は避けたいと思っている方もまずは医師に相談してみましょう。

元に戻す可能性がある人

切開法はメスを使ってまぶたを切るので、一度二重を作るとやり直しがききません。そのため、二重に挑戦してみたいと思っているものの、もしかしたら今の自分の顔のほうが好きかも…と感じているのであればやり直しのきく埋没法を選択しましょう。

できるだけ腫れない方法で二重にしたい人

切開法ではまぶたを切開するため、埋没法に比べるとどうしても術後の腫れが大きくなります。埋没法の場合はどこで施術を受けるのかによっても変わってきますが、早い人だと2~3日でほとんど腫れがわからなくなり、1週間もすればかなり状態が落ち着くのが大きな魅力です。

腫れがひどく出た場合でも2週間程度でほとんど目立たなくなるため、短期の休みのうちにこっそり二重整形をしたいけれど腫れている姿を見られたくない…という方にも向いているでしょう。

自然な二重を作りたい人

切開法はどちらかというとパッチリとした二重を作りたい方に向いている方法です。埋没法では作れないようなしっかりとした二重が作れるのが魅力なのですが、そうではなくできるだけ自然な二重を手に入れたいと思っているのであれば埋没法のほうが向いているでしょう。

二重は大きく分けて2種類あり、目頭側の二重ラインが目頭にくっついていて目尻に行くにつれて二重の幅が広くなる末広型と目に平行して二重のラインがある平行型があります。

このうち、芸能人に多いのがパッチリとした目の印象になる平行型です。ただ、もともと腫れぼったい目の方が突然平行型の二重になるとかなり印象が変わるため、できるだけ自然な形で二重を手に入れたい…という方からは埋没法が選択されています。

また、まぶたが薄い場合は埋没法でも平行型にできる可能性があるので相談してみてくださいね。埋没法だとまぶたの脂肪が薄くても幅が広い二重を作ると取れやすくなるのでこの点は注意が必要です。

ちなみに、切開法であれば必ずしも平行タイプの二重ができるわけではありません。目頭側にある蒙古ひだと呼ばれる部分が張っていると切開法でも平行タイプの二重を作るのが難しいケースもあるのです。この場合は目頭切開なども検討しなければなりません。

できるだけ費用を抑えたい人

二重に憧れてはいるものの、整形にかけられるお金がそれほどない…ということであれば埋没法がおすすめです。一般的に切開法に比べると埋没法は簡単で短時間で終わる施術ということもあり、費用が安めに設定されています。

整形にかけられるまとまったお金がない方はまず埋没法で二重を作っておき、お金を貯めてから切開法にチャレンジするという方法もあるでしょう。

クリニックで相談してみるのがおすすめ

自分の理想とする二重についてよく相談し、その方法が埋没法で実現できるのかについて聞いてみましょう。一人ひとり理想とする目の状態は違いますよね。

クリニック側で自分にどのような二重が似合うのか?といった相談をする方もいるようですが、その人が望んでいる二重は医師でもはっきりわからないため、まずは自分の理想をしっかりと固めることが重要になってきます。

芸能人に憧れている顔の人がいてその人と同じような目元を作りたいと思っているのであれば、雑誌の切り抜きや携帯で検索した画像を見せながら相談すると医師も判断しやすくなるでしょう。

 

PAGETOP

これで安心!埋没法パーフェクトガイド