やり直しはできる?

ここでは、二重のプチ整形術「埋没法」のやり直しができるか、他院で行った手術の修正は可能か、などの疑問について回答しています。

埋没法はやり直しがきくのか?

埋没法は、メスを使用せず糸で留めるだけの簡単な施術法なので、その手軽さが人気の理由の一つ。ですが、反面トラブルが多いことでも知られています。カウンセリングでうまく希望が伝えられず仕上がりのデザインがイメージと違う、左右差が出てしまった、不自然に喰い込んでいる、目が開けにくい、目がゴロゴロする、すぐに外れてしまったなど、悩みは様々です。

このようにトラブルを抱えた状態を解消するためには、なるべく早い時期に抜糸を行い、再手術をすることが望ましいと言われています。なぜかというと、施術から数か月が経過すると二重のクセがしっかりついてしまい、使用した糸も透明になって目立たなくなるため、医師が糸を探しづらくなってしまうからです。できれば、前回の手術から2ヶ月以内に再手術を行うと、修正もやり易いようです。

修正の方法は、施術直後なら糸を埋め込んだ穴から糸を見つけ出し抜糸を行い、しばらく時間が経過してしまった場合は、切開して糸を探し出します。その後、再度埋没法を施術することになります。切開するとその分傷や腫れが大きくなりダウンタイムも長くなるので、できるだけ早い時期に修正することが大切なのです。

手術の失敗は、想像以上に患者さんの心を傷付け、周囲に知られたくなくても噂になったり、バレてしまうということも。手術に保証の付いているクリニックでは、無料で再手術や修正を行ってくれますので、気になったらすぐに相談するのがベストです。ただし、修正の原因が医師の技術レベルの低さにある場合は、別のクリニックを探した方が良いでしょう。もう一度手術をしても、前回と同じ結果になっては意味が無いですから。他院で行われた埋没法の修正を得意としている優れた技術を持つ美容形成外科もありますので、良く調べて信頼のおけるクリニックで再手術を受けるようにしましょう。

埋没法修正の事例紹介

1週間前に他院で埋没法の手術をしたのですが、腫れがひどく、心配になって修正をお願いできる所を探し、ネットで評判の良いクリニックを受診しました。先生に診てもらうと、明らかに糸が原因とのことで、すぐに抜糸をすることに。術後ずっと、まぶたが引っ張られるような違和感を感じていたのですが、抜糸をするとその瞬間に違和感を感じなくなりました。
前回の施術のせいで強度の眼瞼下垂を起こしていたのですが、それも解消でき、帰宅時には腫れもかなり収まっていたので本当にホッとしました。目が落ち着いたら、今度はこちらのクリニックでもう一度、埋没法にチャレンジしたいと思っています。(20代:女性)

何度か繰り返してきた埋没法で埋め込んだ糸が、まぶたに残っていると思うと気持ち悪くて、抜糸を希望しました。しかし「抜糸はキズ痕が残るし、腫れるからやらない方がいいよ」と担当医に言われ、困っていました。ネット検索で見つけた他院修正をしている美容外科に行き、先生にまぶたを見てもらったら、「大丈夫です。抜糸できますよ」と言ってくれて、とても安心しました。
小さな糸で、見つけるのが難しく困難な手術だったようですが、手術の後、心配していた腫れがほとんど無いのでビックリ!先生の腕の良さに本当に感謝しています!(10代:女性)

他院で埋没法をしたのですが二重のデザインが気に入らず、糸のしばり方もきつくて違和感を感じ、再手術を依頼。しかし、その修正も失敗をしてしまい、精神的にとても追いつめられていました。
とにかく抜糸をしたい、の一心で、腫れることも覚悟して、また別のクリニックで抜糸と再埋没をお願いしたのですが、結果は、腫れるどころか、ずっと私が希望していた状態のきれいな二重になっているではありませんか!本当に感動して、勝手に涙があふれてきてしまいました。先生にはいくら感謝しても足りません。本当にありがとうございました。(30代:女性)

 

PAGETOP

これで安心!埋没法パーフェクトガイド