やり直しはできる?

ここでは、二重のプチ整形術「埋没法」のやり直しができるか、他院で行った手術の修正は可能か、などの疑問について回答しています。

埋没法はやり直しがきくのか?

埋没法は、メスを使用せず糸で留めるだけの簡単な施術法なので、その手軽さが人気の理由の一つ。ですが、反面トラブルが多いことでも知られています。カウンセリングでうまく希望が伝えられず仕上がりのデザインがイメージと違う、左右差が出てしまった、不自然に喰い込んでいる、目が開けにくい、目がゴロゴロする、すぐに外れてしまったなど、悩みは様々です。

このようにトラブルを抱えた状態を解消するためには、なるべく早い時期に抜糸を行い、再手術をすることが望ましいと言われています。なぜかというと、施術から数か月が経過すると二重のクセがしっかりついてしまい、使用した糸も透明になって目立たなくなるため、医師が糸を探しづらくなってしまうからです。できれば、前回の手術から2ヶ月以内に再手術を行うと、修正もやり易いようです。

修正の方法は、施術直後なら糸を埋め込んだ穴から糸を見つけ出し抜糸を行い、しばらく時間が経過してしまった場合は、切開して糸を探し出します。その後、再度埋没法を施術することになります。切開するとその分傷や腫れが大きくなりダウンタイムも長くなるので、できるだけ早い時期に修正することが大切なのです。

手術の失敗は、想像以上に患者さんの心を傷付け、周囲に知られたくなくても噂になったり、バレてしまうということも。手術に保証の付いているクリニックでは、無料で再手術や修正を行ってくれますので、気になったらすぐに相談するのがベストです。ただし、修正の原因が医師の技術レベルの低さにある場合は、別のクリニックを探した方が良いでしょう。もう一度手術をしても、前回と同じ結果になっては意味が無いですから。他院で行われた埋没法の修正を得意としている優れた技術を持つ美容形成外科もありますので、良く調べて信頼のおけるクリニックで再手術を受けるようにしましょう。

埋没法修正の事例紹介

1週間前に他院で埋没法の手術をしたのですが、腫れがひどく、心配になって修正をお願いできる所を探し、ネットで評判の良いクリニックを受診しました。先生に診てもらうと、明らかに糸が原因とのことで、すぐに抜糸をすることに。術後ずっと、まぶたが引っ張られるような違和感を感じていたのですが、抜糸をするとその瞬間に違和感を感じなくなりました。
前回の施術のせいで強度の眼瞼下垂を起こしていたのですが、それも解消でき、帰宅時には腫れもかなり収まっていたので本当にホッとしました。目が落ち着いたら、今度はこちらのクリニックでもう一度、埋没法にチャレンジしたいと思っています。(20代:女性)

何度か繰り返してきた埋没法で埋め込んだ糸が、まぶたに残っていると思うと気持ち悪くて、抜糸を希望しました。しかし「抜糸はキズ痕が残るし、腫れるからやらない方がいいよ」と担当医に言われ、困っていました。ネット検索で見つけた他院修正をしている美容外科に行き、先生にまぶたを見てもらったら、「大丈夫です。抜糸できますよ」と言ってくれて、とても安心しました。
小さな糸で、見つけるのが難しく困難な手術だったようですが、手術の後、心配していた腫れがほとんど無いのでビックリ!先生の腕の良さに本当に感謝しています!(10代:女性)

他院で埋没法をしたのですが二重のデザインが気に入らず、糸のしばり方もきつくて違和感を感じ、再手術を依頼。しかし、その修正も失敗をしてしまい、精神的にとても追いつめられていました。
とにかく抜糸をしたい、の一心で、腫れることも覚悟して、また別のクリニックで抜糸と再埋没をお願いしたのですが、結果は、腫れるどころか、ずっと私が希望していた状態のきれいな二重になっているではありませんか!本当に感動して、勝手に涙があふれてきてしまいました。先生にはいくら感謝しても足りません。本当にありがとうございました。(30代:女性)

こんなときは迷わず再施術を!

埋没法をやってみたものの、納得いく仕上がりにならなかった場合、これって修正したほうがいいのかな…?という疑問がありますよね。そもそも修正はできるのか、そして修正をして本当に状態が悪化しないのかなど不安も感じるはず。実際に修正を受けた人の事例を紹介します。

  • 事例1

埋没法で手術をしてから1週間、腫れがなかなかひきませんでした。どうなってしまうんだろうと心配になって、修正ができるクリニックを探しました。糸が原因だとのことで、すぐに抜糸をしてもらうことに。術後まぶたが引っ張られている感覚があったのですが、抜糸をすることで違和感がなくなりました。また、最初の施術で眼瞼下垂になっていたのですが、修正してもらってからは解消されてホッとしています。状態が落ち着いて来たら、修正をお願いしたネットでも評判の良いクリニックで埋没法に再度チャレンジする予定です。

  • 事例2

埋没法を何度か繰り返してきたのですが、その糸がまぶたに埋め込まれたままで残っているんだと思うと気持ちが悪くなり、抜糸をしてもらいました。キズが残り、腫れやすいからやめたほうがいいと担当医には言われたのですが、ネットで見つけた修正をしてくれる美容外科で診てもらったところ、「抜糸できますよ」とのこと。とても小さな糸だったので見つけるのが大変だったようですが、腫れなども術後に出ることはありません。先生の腕が良かったのだと思います。

  • 事例3

埋没法をしたものの、デザインが気に入りませんでした。糸をしばる力も強すぎて、違和感があったので再手術を依頼。しかし、その再手術も納得のいく結果が出ず…精神的に追い詰められてしまいました。抜糸をしたいと思い、別のクリニックで抜糸と再度埋没法をお願いしました。腫れてしまうことはある程度覚悟していたのですが、結果は腫れなどほとんどなく、きれいな二重に!先生にはいくら感謝しても足りないな、と思うほどに感謝しています。

ということで、一度失敗してしまった埋没法であっても、修正を得意とするクリニックにて再度施術を受け、納得のいく目元になることができた、という人はたくさんいます。再施術を受けると腫れてしまうかも…また失敗してしまうかも…といった不安はあるかもしれませんが、腕の良く評判も良いクリニックでお願いしてみましょう。

埋没法の二重ラインが取れる原因とは

  • まぶたの厚みがある人

糸を使って二重を作っていくのですが、まぶたが厚く弾力がある人の場合、埋没法での施術はもちが悪いとされています。まぶたの厚みや弾力が反発するので、糸で抑えきれなくなってしまうからです。弾力があるというのは、ハリがある、ということですね。若い年代であればあるほど、ハリがあって埋没法がもちにくいと言われています。

  • まぶたへ負担をかけてしまう人

目をよくこすっている人、つけまつげやまつげエクステなどをつけている人など…まぶたに必要以上の負担をかけていると、糸がゆるんでしまってもとに戻る可能性が高いです。日常生活以外でも、スポーツをしてまぶたの近くに過度な刺激を感じることが多い人や、目元のエステなどを受ける機会が多い人なども同様です。まぶたに対して何らかの力が加わることは、すべてまぶたにとっての負担となります。

  • 幅が広い二重ラインを作った人

埋没法で実現可能な二重ラインはたくさん種類がありますが、幅が広い二重ラインは固定しづらく、短期間でとれる可能性もあるとされています。どんな仕上がりを希望するかによっても、もちの良し悪しは変わります。

再施術はどこで受ければいいの?

手術を受けたクリニックで再施術する場合

  • メリット

一度施術を受けており、保証期間内であれば無料で再施術を受けられることが多いため、経済的負担が軽くなります。

  • デメリット

失敗してしまった理由によっても違いますが、同じクリニックで再施術を受けてもまた同じ仕上がりになってしまう可能性があります。

埋没法の施術を行っているクリニックのほとんどが、やり直しを可能としています。やはり埋没法の施術そのものは高額ですし、ちゃんと保証があるのが普通です。しかし、やり直しが可能な期間が設けられているので、その期間に注意しましょう。クリニックごとの保証期間を一覧でご紹介します。

クリニック名 保証期間
目白ポインセシアクリニック 術後1か月以内(無料)
湘南美容外科 最短で1年、最長で一生涯(施術法・理由による)
聖心美容クリニック ラインが取れて左右差がある場合は1年以内1回まで、ライン調整は3か月以内で1回まで(無料)
高須クリニック 術後1年・2年・3年と複数あり(もとに戻ってしまった場合、無料)
大塚美容形成外科 短くて3か月、長くて5(術式で異なる)
東京美容外科 術後安心保証、医師の術後ケア制度
ヴェリテクリニック 不明
リッツ美容外科 高松院 不明

となります。クリニックによって、保証期間などはそれぞれ異なります。また、クリニック側による問題か、それとも自己都合によるものなのかなど…適用となる条件も違うため、施術を受ける前に確認しておけるといいですね。施術を受けたクリニックでやり直しをしてもらう場合は、早めに連絡をして相談することをおすすめします。

手術を受けたクリニック以外で再施術する場合

手術を受けたクリニックでもう一度お願いするのはなんだか不安…違うクリニックで改めて施術を受けたい、というときには違うクリニックを探さなくてはいけません。違うクリニックで施術を受ける場合でも、満足できない状態で長期間放置せず。できるだけ早めに修正の施術を受けるようにしましょう。変なクセがついてしまい、再度施術を受けても満足できる仕上がりにならないかもしれません。特に目の痛みを感じている場合は目元に大きな負担がかかっているので、症状が悪化してしまう恐れがあります。

  • メリット

違うクリニックなので、同じクリニックで再度失敗されるかも…といった心配がなく、改めて埋没法を得意としている医師を探すことができます。

  • デメリット

初めての施術と同じ扱いになるので、費用がかかります。また修正となると、抜糸などを行うことになるため、その分の費用もかかってしまうでしょう。

再施術(やり直し)するときの注意事項

二重のラインに納得できない、二重のラインが取れてきてしまった…となると、再施術を考えますよね。再施術を受けるときに注意しておきたいことをご紹介します。

  • 再施術には回数制限がある?

再施術は繰り返し行うとしても、回数には限界があります。個人差もありますが、平均で3回程度までが再施術可能な回数です。ただし、繰り返し取れてしまう場合は埋没法が向いていないと考えるクリニックが多く、特に短期間で外れてしまう場合は違う方法が向いているといえるでしょう。2回以上短期間で外れる場合は、切開法も選択肢に入れて再施術を考えてみてください。

  • どこで再施術を受けるかを決める

同じクリニックで再施術を受けるのか、それとも違うクリニックで再施術を受けるのか…メリット・デメリットがどちらにもあるため、どうするのかを決めておきましょう。再施術は少しでも早く行ったほうが、理想通りの仕上がりにするためにもおすすめです。

再施術後のケアについて

埋没法は、施術がとてもシンプル。

眼瞼に糸を埋め込み、筋肉の代わりをさせ、皮膚を引っ張り上げる方法です。

出典: 日本形成外科学会

とあるように、糸を使ってまぶたを持ち上げることで二重のラインを作ります。しかし、この施術はシンプルだからこそ、ちゃんと術後のケアもしなくてはいけません。

施術を受けて、すぐにキレイな二重…というわけにはなかなかいかないでしょう。どれだけ施術が上手な医師にお願いしたとしても、二重が安定するまではしばらく時間がかかります。特に発生しやすいのが、腫れ・痛みですね。どれぐらいの腫れや痛みが発生するかは、受けるときの状態や医師の腕によっても異なりますが、ある程度は我慢して過ごさなくてはいけません。この段階で目元をこすったり、ケアをおろそかにしてしまうと炎症しやすくなります。やり直しを成功させるためには、術後のケアもとても大切。しっかりとケアすることを心に決めて、再施術を受けるようにしましょう。

埋没法のやり直しで失敗しないためには?

自分が理想とする二重ラインを明確にする

二重になりたい、という漠然とした依頼だけでは、医師もどのような二重が希望なのかをしっかりとくみ取ることができません。もちろんそれを一緒に考えるのも医師の仕事ではありますが、本人の理想と医師の理想は違う可能性もあるでしょう。となると、医師はいいと思ってした二重が本人には気に入らない…となってしまいます。埋没法で失敗しないためには、自分が理想とする二重ラインを明確にしましょう。

術後のケアをしっかりとする

術後は腫れや痛みが多少は発生します。糸を使っているので当然なのですが、その状態で目をこすってしまったり、ケア不足で目を炎症させてしまうのは本人にも問題があります。やり直しを成功させるためには、次こそ術後のケアをしっかりすると心に決め、次の手術に挑みましょう。

埋没法やり直しの場合の期間

手術を受けたクリニックでやり直しする場合

クリニックでは、埋没法をしてから期間内であればやり直しが可能としているところも多いです。やはり高額なものなので、ちゃんと保証がされています。こちらのサイトで紹介しているクリニックではどの程度の保証期間内を設けているのかご紹介します。

  • 目白ポインセシアクリニック

仕上がりが気に入らない場合、術後1か月以内で無料の再手術が可能

  • 湘南美容外科

施術方法やどのような理由でやり直しをしたいのかによっても異なりますが、最短でも1年、最長では一生涯の保証で再手術が可能

  • 聖心美容クリニック

ラインが取れてしまって左右差がある際は1年以内で1回まで、ラインを調整したいという自己申告の場合は3ヶ月以内で1回まで、無料で再手術が可能

  • 高須クリニック

2年以内に戻ってしまった場合は無料で再手術が可能

二重が取れてしまった場合のみの保証で、期間は1年・2年・3年と複数あり。保証期間内であれば無料で再手術が可能。

  • 大塚美容形成外科

術式で異なり、短くて3ヶ月長くて5年の保証期間を用意

  • 東京美容外科

術後のケアとして術後安心保証があり、医師に術後のケアをしてもらえる制度つき

  • ヴェリテクリニック

不明

  • リッツ美容外科 高松院

不明

となっています。 自己都合か、それともクリニック側の問題によるものかでも対象となるかどうかは異なったり、期間も変わります。同じクリニックでやり直しをしてもらう場合は、早めに連絡をして相談しましょう。

手術を受けたクリニックではないクリニックでやり直しをする場合

手術を受けたけど満足できる仕上がりにならなかった…となると、同じクリニックでもう一度手術を受けるのは面倒だし、また失敗したらいやだと考えますよね。となると、新たに手術ができるクリニックを探さなくてはいけません。

その場合、違うクリニックで手術を受けるのだから期間は関係ないと思うかもしれませんが、できるだけ早く手術してもらうことをおすすめします。痛みが出ている場合は目にそれだけ負担がかかっているということになりますし、目の周辺に悪い影響が出ている可能性もあります。

食い込みが非常に強い場合や、1~3ヶ月経過を見ても改善が少ない場合は糸を抜糸して、 クセがついてしまう前に腫れにくい埋没法で早めにやり直すのがおすすめです。

まずは新たに信頼できるクリニックを探して、状態をチェックしてもらいましょう。

 

PAGETOP

これで安心!埋没法パーフェクトガイド